米ネバダ州のリノ市(人口約26万人)は12月15日、持続可能性ツール開発の米Ledger8760が作成した情報公開ポータルを使用し、持続可能性目標の追跡・報告を実施すると発表した。

同情報公開ポータルは、エネルギー・排出量などを測定する炭素追跡プラットフォームで、透明性を持つ情報を政策決定者を含むすべての人に提供する。同ポータルの特徴をリノ市は以下のように公表した。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。