サムスン電子株式会社(本社:韓国ソウル市、以下サムスン)はこのほど、モバイル事業で気候変動対策に取り組むためのサステナビリティ・プラットフォーム「Galaxy for the Planet(ギャラクシー・フォー・ザ・プラネット)」を発表した。サムスンは、ギャラクシー製品の生産から廃棄にいたるまでのライフサイクルにおける環境フットプリントを削減し、資源量の減少を抑えるために、2025年までに達成すべき目標を設定。

環境への影響を最小限に抑え、世界中のコミュニティと次世代のイノベーターのためにより良い未来を築くためには、生産の各段階で持続可能な慣行を統合することが重要であるとサムスンは考えている。同社は、2025年までに当初の目標を達成し、2025年以降も新たな課題に対応するためにコミットメントを進化させることを目指している。

2025年までに新製品全てにリサイクル材を使用

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。