米小売大手ターゲットはこのほど、サステナビリティ戦略「ターゲット・フォワード」を発表した。同戦略は、ビジネスを通じて人と環境にポジティブな影響を与え、顧客・パートナー・地域社会とともに公平で持続可能で環境再生型の未来を創造することを目的にしている。

全米に約1,900の店舗とオンラインストアを展開するターゲット社のサステナビリティ戦略の3つの柱は、「持続可能なブランドを設計して普及させること」「廃棄物を削減するために技術革新を行うこと」、そして「人々の機会と公平性の確保を加速すること」である。具体的な取り組みは、以下の通り。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について