アパレルメーカーの米ティンバーランドはこのほど、環境再生型レザーを使用した靴の販売を拡大し、靴用の環境再生型ゴム供給システムを開発して2023年にコレクションを試験導入する予定であることを発表した。

2020年1月、ティンバーランドは同社製品を2030年までに自然環境へのネットポジティブ・インパクトを実現するというビジョンを掲げ、同じく2030年までに天然素材の100%を環境再生型農業から調達するという目標を設定した。環境再生型農業は、土が大気中からより多くの炭素を吸収して土壌に貯留し、土壌構造を再構築して最終的には土地と農家のネットポジティブ・インパクトを実現すると同社は認識している。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。