英国グリーンビルディング協会(以下、UKGBC)は、世界グリーンビルディング評議会・いくつかの欧州グリーンビルディング評議会・気候同盟・シンクタンクのBuildings Performance Institute Europeと共同で、地方自治体が建物改修の影響を測定することを支援する枠組み「Build Upon Framework」を公開した。

建設業界は英国の温室効果ガス総排出量の25%を占めており、2050年までのネットゼロ実現という英国の目標を達成するには、英国の既存建物3,000万棟を改修する必要があるとUKGBCは認識している。これは容易ではないものの、改修はCO2排出量削減・雇用創出をはじめとする広範な社会的・経済的利益をもたらす可能性があるとしている。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。