英国高級スーパーのWaitroseは6月18日、2022年初頭までに泥炭を含まない培養土のみを販売することを発表した。英政府は先立って、2024年までに泥炭を含む培養土を一般の園芸愛好家に販売することを禁止する方針を発表したが、Waitroseの取り組みは政府の計画を数年先取りしたものになる。

Waitroseの親会社John Lewis Partnershipの倫理・持続可能性担当部長Marija Rompani氏は、次のように述べた。「熱帯雨林が世界の肺であるならば泥炭はその鎧であり、世界の土壌が貯蔵する炭素の5分の1以上を吸収し、大気のバランス保持に役立っています。泥炭地について、十分に理解されることなく何十年も荒らされてきましたが、これ以上続けることはできません。これは多くのお客様が強く感じていることで、私たちは家庭用培養土からすべての泥炭を取り除きます。業界の泥炭への依存度を抑え、適切な代替品を見つけます」

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら