ベルギーに本拠を置き、欧州でごみゼロを目指す非営利団体Zero Waste Europe(ゼロウェイストヨーロッパ、以下ZWE)はこのほど、「廃棄物の埋め立て処分を1割以内に抑える」ことなどを目指す欧州連合(EU)の政策に懸念を示す声明を発表した。

現状では目標を達成するため、廃棄物の焼却が志向されており、温室効果ガスの削減や循環型経済の実現を妨げていると指摘。廃棄物発生そのものを抑えることが必要だと訴えている。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。