今、世界じゅうの都市が「ドーナツ」に注目している。

ドーナツ都市計画とは、イギリス経済学者のケイト・ラワース氏が考案したドーナツ経済学ーーソーシャル・プラネタリーバウンダリー(社会と地球の環境容量)範囲内で、社会的な公正さを担保しながら繁栄していくための仕組みをフレームワーク化した概念ーーを都市計画に落とし込んだものだ。

都市としての現状把握と戦略策定・実践に役立てることができる。

イギリスのエレン・マッカーサー財団が配信するThe Circular Economy Showシリーズのなかで、2020年11月3日に公開された「Building thriving cities fit for the 21st century(リンク先:YouTube)」では、都市レベルでの循環型経済政策やビジネス慣行を形成する上でフレームワークとしてのドーナツ都市計画の役割について議論が交わされた。

今回、この議論の内容をまとめレポートすることで、ドーナツ都市計画の現状と課題を理解し、チャンスを探る。

本記事は、配信元エレン・マッカーサー財団の許可を得たうえで掲載しています。

まず対談冒頭では、ドーナツ・エコノミー・アクション・ラボ(DEAL)の共同創業者で、「ドーナツ経済学が世界を救う」の著者ケイト・ラワース氏がドーナツ都市計画をどのように開発したかを解説した。

ドーナツ経済学と都市への適用

ドーナツ経済学について説明するケイト・ラワース氏

ドーナツは繁栄のための羅針盤

ケイト・ラワース氏:「早速ですが、この円が私のお伝えする『ドーナツ』です。21世紀の繁栄のための羅針盤(コンパス)として、私たちの行くべき道を示してくれます。

ドーナツの内側の線は社会基盤の境界線を意味します。内側の線のなか、つまりドーナツの穴のなかは、人々が繁栄する暮らしに最低限必要な、例えば水や食料、教育、政治的発言力、ジェンダー平等などにアクセスがない状態を意味します。世界じゅう誰ひとりとしてこの穴のなかに取り残されてはいけません。

ここまでは、20世紀に人類が目指してきたことと一致します。

一方でこれまで私たちが考えてこなかったのが、ドーナツの外側の線、つまり環境の許容値です。これを越えてはいけません。これを越えるとオゾン層に穴が空き、生物多様性は壊滅的なほどに失われ、私たちの星は住める環境ではなくなってしまいます。

ドーナツの内側の線と外側の線の間のおいしいところ、ドーナツの上で暮らすことは、すべての人のニーズを満たしながらも地球を守っていくことです。

そしてドーナツの上で暮らすことは、現在のリニアの経済から脱して、リジェネラティブ(regenerative)行き渡る(distributive)、サーキュラーエコノミーへと移行することによって実現することができるのです。

このダイアグラムからは、経済学において指標とされるものを意図的にすべて取り除いています。なぜならば、人類のウェルビーイングという基礎と、地球の健康状態を合わせて理解する必要があるのです。経済とは、いわば家計管理です。家計の意味を理解しないままに、どのように管理するというのでしょう。

この基盤の上に、経済としての健全性を保つためには、どのような規制・インセンティブが必要とされるかという経済学的視点を持ち込むのです。

ドーナツ経済学とサーキュラーエコノミーの関係性

採って・作って・捨てて、結果失うリニア型経済は私たちをプラネタリー・バウンダリーから押し出すものです。これを循環するように円状にするのがサーキュラーエコノミーです。そう、自然の生態系のように。

サーキュラーエコノミーは、リジェネラティブな経済を完成させるためには必要不可欠です。資源を捨てずに再利用し、新たなものを生み出し、資源を循環させ続けるリジェネラティブな経済は、サーキュラーエコノミーなしには完成させることができません。

また、金銭だけでなく、資源についても行き渡る仕組みでなければいけません。資源を一企業が独占的に使用しては、他で不足するなど仕組み全体として不具合が生じてしまうからです。実際に、自然における生態系では、例えば落ち葉を一種類の生き物だけが独占するようなことはありません。

一部の企業だけが資源を独占して潤うサイロ化されたサーキュラリティに進むのではなく、生態系として全体で機能する、「行き渡る」サーキュラーエコノミーの仕組みに移行しなければなりません。

「ドーナツ」を始めるのに都市が最適な理由

2012年に初めて考案したドーナツ経済学は、世界規模の経済モデルでした。世界の経済の仕組みが変わる必要があると考えたためです。

そこから、多くの人から『この経済モデルを、こういったところに適用できないか』という意見や依頼をもらっていました。しかし、なかなか世界規模のモデルを、特定の分野に縮小し適用できずにいました。どのようにしたら本質を的確に捉えたまま、特定の分野にだけアプローチできるサイズにまで縮めることができるか苦戦していました。

そんなあるとき、バイオミミクリー提唱者のジャニン・べニュスさんと会話をする機会がありました。そして、ドーナツ経済学とバイオミミクリーの概念を組み合わせ、互いに対話するなかで、ドーナツ経済学をダウンスケールしたフレームワークを考案するに至りました。地元の近所のコミュニティから街・大都市・地域・国まで幅広く、様々な異なるレイヤーに適用することができます。

都市から始めた理由は、都市の持つエネルギーと影響力です。人々がつながり、多くの空間を持ち、様々な資源のハブとなる都市は、新しい取り組みをするのに適しているからです。

そこで、C40に働きかけました。C40は、地球温暖化を1.5℃に抑えるコミットメントを市長が表明した96(記事配信時の2021年2月4日現在は97)の都市からなるネットワークです。C40は、特に意欲的に活動している都市でドーナツ経済学を適用したドーナツ都市計画を始めたいということで、ともに動き始めたのです。

さらに、グローバル・ノースの高所得国から始めるのが適切だと考えました。これらの国々は、気候変動を引き起こしてきたという歴史的な責任があるからです。

今後は、その地域で暮らすすべての人と自然が繁栄し、地球を健康に保つことができる21世紀の都市のあり方を目指す、世界じゅうのいかなる都市とも協業するつもりです。

ドーナツ都市のための4つのレンズ

Image via THE AMSTERDAM CITY DOUGHNUT

『繁栄する暮らし』がどのような意味を持つのかは、そこに暮らす人が定義するのです。ダルサラームの人にとっての『繁栄する暮らし』は、当然ストックホルムに暮らす人のそれとは異なるはずですから。それぞれ自分たちの歴史、文化、気候、自然の生態系があります。自然はそれぞれの土地で異なる方法で繁栄しています。

多くの都市は、住民が快適な暮らしをできるかという点だけに着目してしまいがちです。

綺麗な空気、自然が保全されているか、といった上の2つの窓だけを都市計画に組み込みます。しかしすべての都市は、食糧、衣類、電子機器、建築資材などの莫大な資源を世界の他の地域から吸い上げており、これらの地域の自然や人々のウェルビーイング、つまり下の2つの窓に対しても責任があるのです。

これらの輸入品には、原産国や加工・製造国の資源や労働力が用いられています。これらサプライチェーン上の影響を無視して、自分たちの都市だけが繁栄しているといっても、それは他の人や地域の犠牲の上に成り立っているだけです」

ドーナツ都市計画が効果をもたらす理由と条件

続いて、オランダでサーキュラーエコノミーを推進するNPO「Circle Economy」グローバルアライアンスと都市部門を統括し、アムステルダム市のドーナツ都市計画導入・運用を担当するアナリカ・ドーマ氏が、ドーナツ都市計画を実際に進める中で見えてきた有用性と機能させるための条件を共有した。

Circle Economy アナリカ・ドーマ氏

サーキュラーエコノミーはドーナツ都市計画のドライバー

「サーキュラーエコノミーへの移行を進めることの目的は、繁栄する都市、繁栄する人々の暮らし、そして健全な地球環境や生態系を目指すことに直結します。

地域の食糧システムを例にとって説明しましょう。

多くの都市は地元住民に対して雇用や教育機会を提供したいと考えていますし、同時に食糧システムのグローバルサプライチェーンによって排出される二酸化炭素排出量を削減したいとも考えています。

現在のリニア型の仕組みでは、グローバル・ノースの都市では過剰消費が起きており、多くはグローバルサプライチェーンに依存することで実現しています。

この食糧のシステムをサーキュラーエコノミーに移行することで、世界の他の場所ではなくその地域で多くを生産することができるようになることから、輸送という二酸化炭素排出量の大きな要素を省くことができます。これは地域内で雇用を生むことにもつながります。食品廃棄を削減する取り組みを行うと同時に、食の生産と消費を都市に近づけることで、生産する土壌に栄養素を還すことができるようになるのです。

ドーナツ都市計画と他のフレームワークの違いは「ひとつにつなげる」「自分ごと化」

この1年半ほど、C40とドーナツ・エコノミクス・アクション・ラボ(DEAL)とともに都市計画に携わってきました。

ドーナツ都市計画が他のフレームワークと異なるところは、都市のなかで市民社会、組織、企業、行政をつなぎ、行政の異なる部署同士をひとつのフレームワークの上でつなぐことができるという点です。フレームワーク自体も非常に使いやすく明確で、関わるすべての人が自分ごと化し、自分に関係のあることとして捉えることができるという特徴があります。

都市計画におけるこういったフレームワークは、これまで見たことがありませんでした。

世界の他の都市にも有用

アムステルダム市では、DEALとともに開発したシティ・ポートレートツールに市の情報を入力し、導き出された答えを元に運用を始めています。ドーナツ都市計画の主な機能であるシティ・ポートレートツールは、少なくとも高レベルの経済活動や消費活動が行われているアムステルダムと似た特徴を持つ、グローバル・ノースの都市において非常に有用だと言えるでしょう。

さらに、このツールはグローバル・サウスの都市において社会基盤を提供するためにも非常に有用であることが見えてきました。また、グローバル・サウスの都市の多くはまだドーナツの外側の線、つまりプラネタリー・バウンダリーを脅かすにいたっていないかもしれませんが、グローバル・ノースがこれまでたどったのと同じ(リニアな)成長戦略を選ぶべきでないことは明らかです。よって、これらの都市もドーナツ都市計画のフレームワークを使うことで進むべき道が見えてくるでしょう。

成功に導くための前提条件

このドーナツ都市計画を進める1年半あまりで明確になってきたのは、ドーナツ都市計画を進め成功に導くことは、能動的な参加と協力を必要とするプロセスである、ということです。さらに、そのプロセスは透明性のあるもので、さらに開かれていなければなりません。

すべての人がリニアエコノミーからサーキュラーエコノミーへとマインドシフトする必要があり、これはドーナツの円の上に暮らすための前提条件となります。

現在ドーナツ都市計画運用にあたって、いくつかの原則を定めて行っていますが、始めてから日が浅いため、今後より多くのことがわかってくるはずです。

また、先程ドーナツ都市計画を進めることは能動的な参加と協力を必要とするプロセスだとお話しましたが、予期していなかったポジティブな成果のひとつに、Amsterdam Donut Economics Coalitionの発足があります。Amsterdam Donut Economics Coalitionは、ドーナツ都市計画をアムステルダムをより良い都市・繁栄する都市にするために活用できるフレームワークとして捉え、この計画を成功に導くことを目的としてボトムアップで市民社会組織によって発足したムーブメントです。私たちは行政としてドーナツ都市計画とそれに基づく戦略をつくる立場にいますが、多くの民間企業や教育機関らが集まってCoalitionを始めており、私たちは、これを加速させるための政策の整備を進めています。

さらにオーストラリアのメルボルンなどでも同様にボトムアップのドーナツ都市計画を進める共同体が発足するなど、活発な活動が行われています。

Circle Economyは、このドーナツ経済学を都市レベルに合うように縮小・適用する役割を担っています。そして、この計画を進める工程が能動的な参加と共創の場となるよう促しながら、サーキュラーエコノミーにおける専門性を活かしてシステミック・チェンジを起こすために活動しています」

アムステルダムから見えた、ドーナツ都市計画を成功に導く鍵

続いて、アムステルダム市行政の立場から「Amsterdam Circular」のプログラム・マネージャーを務めるエヴェリン・ヨンコフ氏が、ドーナツ都市計画を進めるなかで見えてきた、計画の成功を握る重要な鍵について共有した。

Amsterdam Circular プログラム・マネージャー エヴェリン・ヨンコフ氏

アムステルダム市のドーナツ都市計画は「プログラム」ではなく「ムーブメント」

「まず、2019年に発表した第一のサーキュラーエコノミー移行へのロードマップは、特に建築と食・バイオマスの分野に注力するものでした。それまで数年調査をした結果、これらの分野においてサーキュラーエコノミーのバリューチェーンをつくりあげることが急務である、ということがわかったからです。

ただ、アムステルダム市としては、環境面にしかアプローチしない計画に取り組む余裕はありませんでした。社会的観点についても同じくらいの緊急性を持って取り組む必要性があることは火を見るよりも明らかでした。

ケイトとアナリカと議論した結果、私たちは気候ニュートラルで、インクルーシブで、サーキュラーな都市へと移行するためには、次の新しい戦略開発をドーナツフレームワークの基盤の上に設計する必要があると結論づけました。

こうして、サーキュラーエコノミーへのロードマップの第二弾として、サーキュラーエコノミー戦略の5年計画、そして2年計画のイノベーション・アクションプログラムのすべての要素がプラネタリー・バウンダリーを脅かさないよう、同時に社会基盤を強化するものになるように組み立てていったのです。

この第二弾の戦略では3つの注力分野として、建築、有機資源と食料、そして新たに消費財を追加しています。この戦略策定・遂行のためのプロセスにはアムステルダム市行政すべての部署が横断的に携わり、さらには街中の民間・市民・教育機関も加わったムーブメントとなりました。

例えば、このドーナツ都市計画を進めるためのムーブメントの一部としてこのコロナ禍で立ち上がったプロジェクト「Boeren & Buren(ファーマーとご近所さん)」は、住民が地域の農家から食料品を買えるプラットフォームです。これはサプライチェーンを極力短くしてレジリエンスを高めると同時に、地域の人々に健康でサステナブルな食料品を提供し、さらには地域内でつながりを生み出すものとなりました。

Image via Boeren & Buren

また、同じくドーナツ・フレームワークを用いてコロナ禍で立ち上がった「Iedereen verbonden(みんなつながる)」というプロジェクトでは、必要とする世帯、特にコロナ禍で学校に行けないけれども家から遠隔で教育を受けるべき子どもたちのいる家庭に、改修されたノートPCを提供しています。(消費財)

アムステルダム市として、このドーナツ都市計画導入・推進にあたり成功要因となっているのは、この一連の流れをプログラムからムーブメントに変えたことにあると考えています。

まず、2019年春に戦略策定を開始した際には、アムステルダム市行政の様々な部署から横断的に多くの人々を呼びました。何をしようとしているのか説明し、それぞれの立場ではどう考えるのか、どのような影響が起こり得るか教えてもらいました。

2019年10月にはさらに多くの同僚を招き、ブラッシュアップすることで、全員が能動的に進めていくべきという共通認識に基づいた、ひとつのイノベーション・アクションプログラムに落とし込むことができました。

さらに、そこにNGOや民間企業、住民らを招いて提案を共有し、意見を仰ぎました。

また、戦略を策定するだけではなく、進捗を追跡・モニターするためのプログラムも策定しています。

さらに重要なのが、ドーナツフレームワークを通してつくったアムステルダム市としてのシティ・ポートレート(下図)です。これは、アムステルダムの活動が、ローカル・グローバルそれぞれのレベルで、環境と社会に対してどのような影響をもたらすかを見通せる4つのレンズです。

Image via THE AMSTERDAM CITY DOUGHNUT

多くの所有者がいるデータをひとつに束ね、全体を見通す目標を立て、合意に導く

今回難しかったのは、都市の現状を正確に把握するためには、膨大なデータを処理しなければならないものの、これらのデータは実に多くの異なる所有者によって所有されていた、という点です。アムステルダム港、空港、民間企業、国立調査機関などがデータの所有者でした。バラバラで独立して存在しているデータを解析し、実用できるまでにするためには、これらをひとつにする必要がありました。

そこで私たちはこれらのデータを「イノベーティブ・データ・パートナーシップ」という形で共有する仕組みをつくったのです。

データから現状を正しく把握した上で、4つのレンズを通して優先順位を正しく認識・理解することは、意思決定を行う上で非常に重要で欠かせないプロセスです。

このドーナツフレームワークを用いることで、都市として行うプロジェクトや意思決定において、各方面への影響を理解した上でバランスの取れた判断を下すことが可能になるためです。

ドーナツフレームワークによって、アムステルダム市では、共通の目的のために市のステークホルダーがひとつの組織として機能する下準備が整いつつあります。

現在開発中の、ドーナツ都市への進捗・成功を測るためのモニタリング指標は、順調にいけば2021年春頃に公開できる見込みです。現在アムステルダム市としては、このモニタリング・フレームワーク、つまり具体的数値目標を伴う評価指標に対して、すべてのステークホルダーが合意するためには、サーキュラーエコノミーが必要不可欠である、という点を非常に明確に理解しています。

そして、このモニタリング指標は、CO2排出量と関連づけています。なぜなら、二酸化炭素の発生を抑えるためには、新たな資源採掘の必要性を最小限に抑え、廃棄を発生させないサーキュラーエコノミーが間違いなく必要なのです。

私たちはまず、計画を始動した初めの1年間でアムステルダム市が利用するであろう資源の量を計算しました。それを元に、それだけの資源をアムステルダム市が使うには、世界じゅうでどれだけの二酸化炭素排出量が発生するかを算出しました。アムステルダム市内だけで起きる排出量だけでなく、市での資源利用・廃棄が、世界じゅうのサプライチェーン上で引き起こす二酸化炭素排出量の総量です。

アムステルダムも例に漏れませんが、都市が原因となって世界じゅうで引き起こされる二酸化炭素排出のうち3分の1は電気・熱・輸送によるもの、もう3分の2は生産と消費によるものということがわかりました。これは非常にショッキングな数字です。

そして、現在のパンデミックのなかではこれまで以上に、働き方、暮らし方、都市の開発の仕方などの根本から変えていかなければなりません。さらに、パリ協定が定めた目標を確実に達成していくためにも、ドーナツ都市計画は私たちに進むべき道を教えてくれるのです」

編集後記

都市の目指すべき形として、世界じゅうで注目されるドーナツ都市計画。これをいち早く導入し、実践し、気づきを共有・発信するアムステルダム市の存在感は大きい。まだまだ手探りのなかの同市の取り組みがここまでの推進力を伴い進むのは、実に多くの人が目的を理解し、共感し、自分ごととして進めているためだ。Circular Economy Hub編集部では2021年以降、さらに多くの発表や進捗が見込まれる同市のドーナツ都市計画の取り組みに注目し、最新動向を伝えるとともに、日本含む世界の他都市での同フレームワーク適用事例についても追っていく。

【参照】エレン・マッカーサー財団 Explore the Circular Economy Show「Building thriving cities fit for the 21st century(リンク先:YouTube)」

【関連記事】ドーナツ経済学をアクションに移すプラットフォーム「DEAL」始動。世界100ヵ国1000名以上が参加
【参考図書】『ドーナツ経済学が世界を救う』ケイト・ラワース著 黒輪 篤嗣 訳  2018 河出書房新社
【参考】
C40
THE AMSTERDAM CITY DOUGHNUT
Circle Economy
Amsterdam Donut Economics Coalition
Boeren & Buren
Iedereen verbonden