北米で進むサーキュラーエコノミー移行に向けた取り組みは、ヨーロッパや世界の他の地域と比べ、どのように異なっているのだろうか。

サーキュラーエコノミーは、新型コロナ危機からの社会的・経済的回復の道筋を示すとともに、イノベーションを加速させ、将来的にその地域の繁栄をもたらす。フィンランド、ヘルシンキにてThe Finnish Innovation Fund Sitraが開催したウェブフォーラム「WCEFOnline(World Circular Economy Forum Online)」(世界循環経済フォーラムオンライン)のプログラムの一つ「The journey to a circular economy in the Canada-US Region(カナダ・アメリカ地域でのサーキュラーエコノミーへの道のり)」では、北米のビジネス・政治のリーダーが一同に集まり、サーキュラーエコノミーへの移行のなかでのエネルギー・資源・製造における課題を共有し、常に変化し続ける世界の消費や雇用の流れから、今後サーキュラーエコノミーへの移行を推し進める中での新たな原動力となる分野について議論を交わした。

本記事は、このイベントでのレポートを通して、北米のサーキュラーエコノミー移行への現状と課題を理解し、チャンスを探るものである。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。