持続可能で競争力のある経済のための行動を推進する企業・学術機関・専門機関・市民社会組織の同盟である英Aldersgate Groupはこのほど、レポート「CLOSING THE LOOP・TIME TO CRACK ON WITH RESOURCE EFFICIENCY(ループを閉じる・資源効率を向上させるのは今)」を発表した。以下は、同レポートの概要である。

資源効率はCO2排出量を削減して自然を再生し、競争力を高めるための鍵である。産業革命以降、富と生産性は天然資源の開発に依存してきた。経済成長と天然資源の非効率的な使用との関係を断ち切らなければ、生物多様性の危機と気候変動を加速させるだろう。これを回避するには、サーキュラーエコノミーへの移行が不可欠だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。