世界経済フォーラム(以下、WEF)はこのほど、ネットゼロでネイチャーポジティブな都市を実現するための革新的なソリューションの応募のなかから選出された、15のトップイノベーターを発表した。

2050年には人類の約70%が都市で暮らすと予測されており、都市と自然の関係性を修復しなければ、人類はさらなる脅威に直面するとWEFは考える。

コロンビア政府とWEFが主導する「BiodiverCities by 2030」イニシアチブは、コロンビアのアレクサンダー・フォン・フンボルト生物資源研究所の協力のもと「バイオダイバーシティ・チャレンジ(BiodiverCities Challenge)」を2021年10月に開始した。同チャレンジでは、ネイチャーポジティブな都市を実現し、公正かつ持続可能な開発・レジリエンス・ウェルビーイングの原動力として都市の潜在能力を発揮できるような革新的なソリューションを募集した。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら