飲料世界大手コカ・コーラ社はこのほど、植物由来プラスチックを100%使用し(キャップとラベルを除く)、商業規模の製造技術を用いた同社初となる飲料用ボトルのプロトタイプを発表した。

世界で最もリサイクルされているプラスチックであるPETは、約30%のモノエチレングリコール(MEG)と約70%のテレフタル酸(PTA)の2つの分子から構成される。同社が2009年に発売したPETボトル「プラントボトル」には、サトウキビなどの植物由来原料を30%使用したMEGが含まれているが、PTAは石油由来のものが使用されている。プラントボトルは、従来のPETと同様の外観・機能・リサイクル性を備えているが、地球と地球資源に与える影響は従来のPETよりも小さいとしている。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。