エレン・マッカーサー財団はこのほど、レポート「食品の大規模な再設計:サーキュラーエコノミーで自然を再生する」を発表した。

小売や食品ブランドは、ネイチャーポジティブな食品を標準化できる可能性があり、その方法を同レポートで示したとしている。同レポートでは、使用する原材料と生産方法を再考することで食品部門に起因する生物多様性喪失の70%を阻止しつつ、顧客・農家・気候に適した選択肢を提供する方法を探った。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について