イタリアの電力大手エネルの傘下エネル・グリーンパワーはこのほど、風力タービンブレードにファブリックを使用するスコットランドのスタートアップACTブレードと提携することを発表した。

ACTブレードの風力タービンブレードは、帆船の帆に似た繊維を混合したファブリックが利用され、軽量だ。従来のブレードと重さを同じくした場合、新ブレードは長くなるため、多くの電力が生産できる。さらに、長さの割に原材料の利用量が少なく、生産工程がシンプルでモジュール化されているため、最大で17%のコスト削減が可能だという。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら