欧州委員会はこのほど、環境フットプリント手法に関する改訂勧告を採択した。同改訂は、信頼できる最先端のライフサイクルアセスメントをもとに、企業による環境に配慮した真に持続可能な製品の販売を促進することを目的とし、欧州グリーンディールにも貢献するとしている。

2013年の勧告を改訂した同勧告は、2013年から2018年に実施されたパイロット事業における洞察を取り入れた。パイロット事業では、食料・飼料・IT機器・電池など、さまざまな分野の企業300社以上と2,000人以上の利害関係者が手法を考査した。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。