世界経済フォーラム(WEF)はこのほど発表した報告書で、食品パッケージや洗剤ボトルといったプラスチック製容器包装の1割を繰り返し使えるものにすることで、年間の海洋プラごみのほぼ半分を減らせるとの分析結果を明らかにした。わずかな変化でもごみの削減効果は大きいとして、普及に向けて官民一体で取り組むよう求めている。

「再利用可能な消費モデルの未来(The Future of Reusable Consumption Models)」と題した報告書は、経営コンサルティング会社カーニー(Kearney)と共同で作成。調査会社によるプラ廃棄量予測や専門家へのインタビューなどをもとに、2030年に全てのプラ製容器包装のうち、①10〜20%②20〜40%③40〜70%が再利用可能になった場合、どのくらいの量のプラごみが削減できるかについて調べた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。