米国に本拠を置くファッションブランド「ラルフローレン・コーポレーション(以下、ラルフローレン)」はこのほど、同社のサステナビリティ目標をさらに前進させるべく、包括的な循環型戦略を発表した。

同戦略の一環としてラルフローレンは、サーキュラーエコノミー実現を目標として持続可能な成長とESGのコンサルティングを行う米McDonough Innovationとの協業も公表した。同協業により、ラルフローレンを象徴する製品が安全で持続可能な製品に対する世界的認証「Cradle to Cradle certification™(ゆりかごからゆりかごへ認証)」を受けることを目指すとしている。同戦略では、時代を超越した製品をつくるという同社のビジョン「Design the Change(※)」に基づき、以下の3項目に焦点を当てた。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。