アパレルメーカーの米ティンバーランドは6月29日、製品回収プログラムを開始することを発表した。同プログラムは、ファッション業界のサーキュラーエコノミーへの移行を目指すグローバルイノベーション企業ReCircledと共同開発した。

2020年1月、ティンバーランドは2030年までに同社製品の自然環境へのネットポジティブ・インパクトを実現するというビジョンを掲げ、同じく2030年までに天然素材の100%を環境再生型農業から調達するという目標を設定している。今回の製品回収プログラムは、同ビジョンを支援するものとなる。

同回収プログラムは、以下のように実施される。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。