英国政府はこのほど、2050年までのネットゼロ実現目標に沿って、産業部門における脱炭素化の方法を定めた「産業脱炭素戦略」を発表した。主要経済国としてのこの種の政策は世界初であるとしている。

同戦略は、金属と鉱物・化学物資・食品飲料・紙とパルプ・セラミック・ガラス・石油精製所・エネルギー集約度の低い製造など、英国の全産業部門を対象としている。これらの事業は英国の炭素排出量の約6分の1を占めており、排出量目標を達成するには製造工程の変革が重要であることが示された。同戦略の目的は、排出量と事業を海外に移転することなく、産業部門をネットゼロ目標に合致させる方法と政府が取るべき行動を示すことだとしている。産業におけるネットゼロ達成のための基盤・産業工程の変革・英国における潜在性の最大化の3項目で作成された同戦略の要旨は、以下のとおりだ。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら