米ピッツバーグ大学スワンソン・スクール・オブ・エンジニアリングの仮想材料ラボはこのほど、電子廃棄物のサーキュラーエコノミーへの移行を目指す枠組みを提案するレポート「A framework for modeling fraud in E-waste management(電子廃棄物管理における不正をモデル化する枠組み)」を発表した。

電子機器は現代社会に不可欠だが、材料のリサイクルと廃棄物の最小化に焦点を当てたサーキュラーエコノミーへの移行において、電子廃棄物が抱える課題は複雑かつ増大していると同報告書を執筆した研究者らは認識している。廃棄物の課題に加えて、電子機器をリサイクルしていると主張する企業が、実際は埋め立て地や他国への廃棄物の輸送といった他の手段で処分しているなど、不正なリサイクル慣行も蔓延していると報告した。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。