持続可能な開発と気候変動対策目標を達成するための基準を開発・管理する国際的NPOの米Verraは、プラスチック廃棄物ゼロ達成に向けて取り組む3Rイニシアチブと共同で、新たなプラスチック・スチュワードシップ・イニシアチブを開始した。企業がプラスチック廃棄物を検証可能な形で管理・削減するための包括的枠組みの確立を目指す。

現在、英エレン・マッカーサー財団が主導するイニシアチブ「ニュープラスチックエコノミー」の一環として、1,000以上の組織が共通のビジョンと目標のもとで団結し、プラスチックの循環型経済移行を目指している。多くの組織が、自らの事業活動で発生するプラスチック廃棄物を回収・リサイクルするための目標を策定し始めているが、目標の達成・報告のためのベストプラクティスを組み込んだ統合的な枠組みはこれまで存在しなかった。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。