フランスは2022年1月から、衣料品・電気製品・化粧品など、食品以外の売れ残り製品の埋め立てと焼却を禁止した。売れ残り製品は、リサイクルや寄付することが義務付けられる。すでに食品については、2016年に成立した食品廃棄禁止法により、大型スーパーでの賞味期限切れなどによる廃棄を禁じている。

今回の決定は、2020年2月に同国で「廃棄物と循環経済に関する法律」が公布されたことによる。同法は、従来の生産・消費の方法を変革し、サーキュラーエコノミーへ移行することを目的としている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら