シリアル・スナック大手の米ケロッグはこのほど、同社商品が人・地域社会・地球にとってより良いものとなるよう商品を改良するための新10年計画を発表した。同社の英国法人であるケロッグ英国は、さらに健康的なシリアルの製造・より多くの生活困窮者への食料提供・シリアルの容器包装によるカーボンフットプリント削減に取り組むとしている。

同社は子ども向けシリアルの砂糖含有量を10%削減し、2022年末までにすべての子ども向けシリアルを非HFSS(高脂肪・糖分・塩分)食品にすることで、砂糖に関する取り組みを継続する意向だ。若年層に人気のシリアルであるクレイブでも砂糖含有量を11%削減するほか、2022年末までにシリアルの塩分含有量を最低20%削減することを明らかにした。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら