韓国に本拠を置くサムスン電子はこのほど、古いスマートフォンをIoT端末として再利用するプログラム「Galaxy Upcycling at Home」のベータ版を米国・英国・韓国で公開した。同プログラムにより、同社が2017年に発表したプログラム「Galaxy Upcycling」を拡大する意向だ。

同社のアプリ「SmartThings」に搭載された機能「SmartThings Labs」を通じて、ユーザーは古いGalaxy端末を簡単にソフトウェアアップデートし、個々の生活様式の需要に合ったスマートホーム端末に変換できるとしている。同社が発表したGalaxy Upcycling at Homeの特徴は、以下のとおりだ。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。