米国に本拠を置くNPOであるSustainability Accounting Standards Board(サステナビリティ会計基準審議会、以下SASB)はこのほど、気候リスク技術報告書を発表した。

SASBは、企業の情報開示と投資家の意思決定を支援するべくESGに関する開示基準を開発している。今回の報告書は、気候関連のリスクと機会に関する開示を投資家がよりよく理解・測定・管理できるようにすることを目的として作成された。同報告書では、気候リスクの体系的性質の分析と気候リスクの種類(物理的・移行・規制)ごとに分類されたSASBマテリアリティマップの気候に焦点を当てた見解・産業別の財務影響チャネルの内訳・現在の開示慣行の概要・77業種のSASBの気候関連指標と関連リスクの表が示された。

同報告書における結論およびSASBの今後の展望は、以下のとおりである。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。