仏研究所IRT Jules Verneが率いるゼブラ(Zero wastE Blade ReseArch)コンソーシアムはこのほど、100%リサイクル可能な風力タービンブレードのプロトタイプを完成させたことを発表した。タービンブレードの廃棄量の増加とリサイクル処理の難しさが問題となっているなか、業界のサーキュラーエコノミー移行への大きな一歩となる。

今回完成した長さ62mのタービンブレードは、化学大手の仏ArkemaによるElium®樹脂や建設資材の米Owen Corningによるガラス繊維が使用されている。ガラス繊維と熱可塑性樹脂であるElium®樹脂は、リサイクル可能な性質で知られる。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら