欧州委員会はこのほど、欧州グリーンディールにおける重要な行動計画となる「大気・水・土壌の汚染ゼロに向けて」を採択した。EUの2050年の目標を「健康な人々のための健康な地球」と定め、2030年の目標(数値は現在と比較)を以下のとおりに設定した。

  • 大気汚染によって引き起こされる早期死亡の数を55%削減する
  • 海洋プラスチックごみを50%、環境に放出されるマイクロプラスチックを30%削減し、水質を改善する
  • 養分の欠乏と化学農薬使用を50%削減し、土壌の質を改善する
  • 大気汚染が生物多様性を脅かしているEU内の生態系を25%削減する
  • 輸送による騒音に慢性的に悩まされている人を30%削減する
  • 廃棄物の発生を大幅削減し、都市廃棄物を50%削減する

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。