ドイツ鉄道とシーメンス・モビリティはこのほど、自動運転列車を開発し、4本の自動運転列車がハンブルク市で23kmの区間を試験運行した。

同プロジェクトのパートナーであるドイツ鉄道とシーメンス・モビリティ、およびハンブルク市は、同プロジェクトに6,000万ユーロ(約79億円)を投資した。シーメンス・モビリティは、今回開発した自動運転列車の特徴を以下のように発表した。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら