ドイツ鉄道とシーメンス・モビリティはこのほど、自動運転列車を開発し、4本の自動運転列車がハンブルク市で23kmの区間を試験運行した。

同プロジェクトのパートナーであるドイツ鉄道とシーメンス・モビリティ、およびハンブルク市は、同プロジェクトに6,000万ユーロ(約79億円)を投資した。シーメンス・モビリティは、今回開発した自動運転列車の特徴を以下のように発表した。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。