7月15日、世界で初めてとなる3Dプリンターで制作されたスチール製の橋がオランダ・アムステルダム市内の運河に架けられ、一般に公開された。2015年にオランダの3Dプリント建設企業MX3Dによって発案された重さ6トンのこの橋は、6年間の準備・制作・テスト期間を経て今回実用化に至った。この橋は元あった古い橋が修理される2年ほどの間実用され、データ収集を行う。

橋は観光客で賑わうアムステルダム中央区の「赤線地区」De Wallenの真ん中に位置する。筆者が訪れた際にも多くの観光客や住民が橋を手で触ったり、写真を取るなどしていた/写真は筆者撮影

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。