ヴィーガン食と聞くと、どんなイメージがあるだろうか。身体に良い、素朴な食事をイメージする人も多いかもしれない。今、オランダではそんなヴィーガンが大きな広がりを見せている。

オランダ中央統計局が2020年2月から6月に実施した調査によると、回答者のうち80%が「肉を毎日食べない」、45%は「肉は週に4回かそれ以下しか食べない」と回答。3分の1は、前年と比べ肉を食べることが減ったと回答するなど、オランダ人の「肉離れ」が進んでいることが明らかになった。

これは、オランダが進めるサーキュラーエコノミー戦略と大きく関連している。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。