英国サーキュラーエコノミー推進機関のエレン・マッカーサー財団*は、2020年4月15日から10週間にわたり、サーキュラーエコノミーを学ぶオンライン学習プログラム「From Linear to Circular」を開催しました。テーマは、サーキュラーエコノミーの基礎・デザイン・ビジネスモデル・プラスチック・ファッション・都市・食・環境再生型農業など幅広い分野。全世界から約5,000名が参加し、参加者同士の学び合いも活発に行われました。

Circular Economy Hub(以下、CEHub)では、同財団の許可を得たうえ、プログラムで得た学びを特集記事として公開したところ、予想以上に大きな反響を呼びました。そこで、さらに多くの方にこの学びをお届けしたく、全7回の連続オンラインプログラムを企画いたしました。

サーキュラーエコノミーの基礎と各業界の動向をお伝えするとともに、ゲストよりサーキュラーエコノミーの取り組みを紹介していだだく予定です(初回除く)。参加者の皆さんと一緒に学びながら、サーキュラーエコノミー移行への道筋を考えていきましょう。

*エレン・マッカーサー財団・・・ヨット単独無寄港世界一周の最短記録を打ち立てたDame Ellen MacArthur氏が2010年に設立したサーキュラーエコノミー推進機関。グローバル企業や中小企業、国、自治体、教育機関、NPOなどあらゆるセクターと協働でサーキュラーエコノミーを推進。サーキュラーエコノミーの企業間ネットワークである「CE100」やプラスチックのサーキュラー化を目指す「New Plastic Economy」、ファション分野の「Make Fashion Circular」などを組織し、各業界とサーキュラーエコノミーへの移行を推進。そのほか、調査や教育機会の提供も行い、世界のサーキュラーエコノミーを牽引する団体として知られています。

各日程とスピーカー(概要)

全回19時〜21時を予定しています。
※エレン・マッカーサー財団学習プログラム「From Linear to Circular」を受講した西崎こずえ(アムステルダム在住・Circular Economy Hub 編集部)が全回スピーカーとして登壇します。

※各回の詳しい内容やゲストのプロフィールは本記事最下部をご覧ください。

第1回:9月1日(火)「サーキュラーエコノミーとは?その概念やビジネスモデルをご紹介」
スピーカー:Circular Economy Hub 編集部 西崎こずえ

第2回:9月8日(火)「サーキュラーデザイン」
ゲストスピーカー:
東洋製罐グループホールディングス株式会社
イノベーション推進室 リーダー 三木 逸平 氏
シンガポールFuture Design Lab 遠山 梢 氏

第3回:9月29日(火)19:00-21:00「プラスチックのサーキュラー化」

ゲストスピーカー:
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
アシスタントコミュニケーションマネジャー 新名 司 氏

ユニリーバ・ジャパン・サービス株式会社
R&D ヘアR&D シニアスペシャリスト-パッケージ 板垣 篤史 氏

第4回:10月13日(火)19:00-21:00「都市(自治体)とサーキュラーエコノミー」
ゲストスピーカー:
北九州市環境局環境産業推進課 課長 園 順一 氏
企画調整局SDGs推進室 次長 上田 ゆかり 氏

第5回:10月27日(火)「サーキュラーファッション」
ゲストスピーカー:株式会社三陽商会 事業本部 エコアルフビジネス部 企画課長 下川 雅敏 氏

第6回:11月10日(火)「食の循環化と環境再生型農業」
ゲストスピーカー:NPO法人循環生活研究所 理事長 永田 由利子 氏

第7回:11月24日(火)「建築とサーキュラーエコノミー/全7回のまとめ」
ゲストスピーカー:株式会社乃村工藝社 加藤 悟郎 氏、吉田 敬介 氏、小糸 紀夫 氏

全回スピーカー:Circular Economy Hub 西崎こずえ

当日の流れ

  • 19:00~:オープニング(5分)
  • 19:05~:Circular Economy Hubメンバーによる解説(30分)※初回のみ60分
  • 19:35~:ゲストスピーカーによる活動紹介(30分)※初回除く
  • 20:05~:質疑応答/パネルディスカッション(30分)
  • 20:35~:次回告知&クロージング(5分)
  • 20:40~:ブレイクアウトルームによるネットワーキング(20分)

到達イメージ

  • サーキュラーエコノミーの基本的考え方を理解し、自組織で推進する準備ができている状態
  • 国内外のサーキュラーエコノミー動向について理解が深まっている状態
  • サーキュラーエコノミー推進に向けてのネットワークを築き始めている状態

対象者

  • サーキュラーエコノミーの基礎について学びたい方
  • サーキュラーエコノミーの概念をおさらいしたい方
  • 所属組織内でサーキュラーエコノミーを推進する立場にある方
  • サーキュラーエコノミーに関する新事業を立ち上げたい方
  • サーキュラーエコノミーに取り組む方々とのネットワークづくりをしたい方
  • 上記に関わらず、サーキュラーエコノミーに関心のある方ならどなたでも

参加費用

ご関心のある回を選択できる各回チケットと、全7回分チケットをご用意

各回チケット(1回分):3,000円
全7回チケット:18,000円

※各回チケットをご希望の方は、該当する回をお間違えないようにお申し込みください。
当日参加参加できなかった方を含め、後日アーカイブ動画を共有いたします。

会場

オンライン(オンライン会議ツール「Zoom」を利用)

定員

各回50名(先着順)

申込URL

こちら(peatix申込画面)よりお申込ください。

注意事項

  • お申込みの皆さまへ入室用URLを開始1時間前までにお送りいたします。
  • 会場は18時45分を予定しております。
  • Zoomのご利用が初めての方は開始前にアクセスしてください。PCやスマートフォンにアプリがダウンロードされます。機能の制限があるため、極力PCでのご参加をお勧めします。
  • 講義の時間にはマイクをミュートにさせていただきます。
  • 当日はブレイクアウトルームで参加者同士の交流の時間を少々設けております。
  • 後日、CEHubにて各回のレポートを掲載予定です。プログラム開催中の写真を公開する場合がございます。写真NGの場合、ネットワーキング時間以外はカメラオフにてご参加ください。
  • お申込みのご返金はお受けしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 領収書についてはpeatix内のこちらをご参照ください。

各回のプログラム詳細

全回を通した登壇者
Circular Economy Hub 編集部 西崎こずえ

なお、こちらの記事にてプログラムで得た学びを簡潔にまとめています。

第1回:9月1日(火)19:00-21:00「サーキュラーエコノミーとは?その概念やビジネスモデル」

初回に限り、Circular Economy Hubメンバーのみでサーキュラーエコノミーの原則や概念、サーキュラーエコノミーと親和性のあるビジネスモデルについて語り尽くします。次回以降に活かせる基礎プログラムとなるため、初回にはご参加されることをお勧めします。

学習プログラムレポート:「サーキュラーエコノミーとはそもそも何か?」

スピーカー:Circular Economy Hub メンバー 西崎こずえ

第2回:9月8日(火)19:00-21:00 「サーキュラーデザイン」

欧州委員会は、製品の環境負荷の最大80%は設計段階で決まるとする調査結果*を発表しています。エレン・マッカーサー財団が定義するサーキュラーエコノミーの3原則のうちの1つにも、「廃棄物と汚染を出さないように設計する (Design out waste and pollution)」と掲げられ、デザイン(設計)はサーキュラーエコノミーの根幹として位置づけられています。では具体的にはサーキュラーデザインとは何か、持続可能な容器づくりに取り組む東洋製罐グループホールディングス株式会社の三木氏・遠山氏とともに掘り下げていきます。

*欧州委員会「Ecodesign your future」

プログラムレポート:「サーキュラーエコノミーのためのデザイン」

ゲストプロフィール
東洋製罐グループホールディングス株式会社 イノベーション推進室 リーダー
三木 逸平(みき いっぺい)氏

外資系コンサル、海外MBA取得を経て、2012年より東洋製罐グループに。 経営企画として、事業再編や組織改編を担当。

現在はベンチャー企業・大企業との協業、産学官連携を推進するイントレプレナーとして社内外の架け橋となっている。

 

東洋製罐グループホールディングス株式会社 シンガポールFuture Design Lab
遠山 梢(とおやま こずえ)氏

東洋製罐グループのガラスびん事業 東洋ガラス(株)に入社。海外技術支援のコーディネーターとして韓国やエジプト、渉外として欧米のガラスびんメーカーを担当。
昨年より新設されたシンガポールFuture Design Labで食、環境、教育領域のイノベーション探索に取り組む。

 

第3回:9月29日(火)19:00-21:00 「プラスチックの循環化」

2020年7月1日より日本でもレジ袋の有料化が始まり、プラスチックへの関心が再び高まっています。Circular Economy Hubでも「サーキュラーエコノミー×プラスチック」特集を開始し多くの反響を呼んでいます。第3回ではプラスチックを適切に管理し、循環化させる道筋を6つの方法と4つのモデルをご紹介。さらに、「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン」を掲げてサーキュラーエコノミーにも取り組むユニリーバ・ジャパン新名氏・板垣氏とプラスチックの循環化についての理解を深めます。

プログラムレポート:「プラスチックのサーキュラーエコノミー」

ゲストスピーカー:
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
アシスタントコミュニケーションマネジャー 新名 司 氏

2004年、日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)に入社。
2009年から現職。企業広報全般を担当し、成長とサステナビリティを両立する成長戦略「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン」の日本市場への展開や、再生可能エネルギーへの100%切替などに携わる。


ユニリーバ・ジャパン・サービス株式会社 R&Dヘアパッケージング
R&Dシニアスペシャリストーパッケージ 板垣 篤史 氏

2002年、日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)に製品開発として入社。2011年、容器開発の部署に異動。2014年、ユニリーバ米国法人に半年間出向し、帰国後、現職。2019年、リサイクル素材を使用した容器の製品開発に携わる。

 

第4回:10月13日(火)19:00-21:00「都市(自治体)とサーキュラーエコノミー」

日本有数の工業地帯として発展した北九州市。かつての公害克服の歴史を経て、市民主導によるリサイクル運動や官民連携によるリサイクル関連ビジネスが成長しました。近年では、太陽光発電の廃パネルやリチウム電池のリサイクルをはじめ、社会課題の解決に貢献するリサイクル関連ビジネスの創出に取り組み、2018年にはSDGs未来都市に選定されました。リサイクルを筆頭に、サーキュラーエコノミーの実現につながる環境ビジネスをもって持続可能な都市づくりに挑む同市の取り組みをお話しいただきます。

プログラムレポート:「サーキュラーエコノミーと都市 ー建築・交通・フードシステムを変えるー」

ゲストプロフィール
北九州市環境局環境産業推進課 課長 園 順一 氏


北九州市入職後、国際経済課、国際機関アセアンセンター派遣、中小企業振興課、環境局アジア低炭素化センターを経て、現在、環境産業推進課に所属。国内外のエコタウン事業及び環境国際ビジネスの推進業務に従事している。

 

企画調整局SDGs推進室 次長 上田 ゆかり


北九州市入職後、動物公園の再生や北九州学術研究都市の管理運営等の担当を経て、北九州市観光協会、産業経済局で、環境観光・産業観光振興を長く担当し、修学旅行の誘致等に尽力。現在、SDGs推進室に所属し、産学官民「オール北九州」でSDGsを推進している。

 

第5回:10月27日(火)19:00-21:00 「サーキュラーファッション」 

現在のファッション業界の環境負荷は高く、世界では年間9,200万トンの衣類の廃棄が発生*1、1秒にトラック1台分の衣服が廃棄されているともいわれています。日本でも衣類のリユース・修繕・リサイクルの割合は約26%(2009年)で、残りは焼却か埋め立てされます。そのため、循環化の重要性が叫ばれ、昨今急速に取り組みが進んでいる業界でもあります。ファッションを循環化するにはいくつかの方法があります。その道筋について、今年3月に日本に上陸したサステナブルブランド「エコアルフ」を手がける三陽商会の下川氏とともに描いていきます。

*1  Global Fashion Agenda & The Boston Consulting Group “PULSE OF THE FASHION INDUSTRY”
*2 独立行政法人中小企業基盤整備機構 「繊維製品3R関連調査事業」報告書

プログラムレポート:「ファッションのサーキュラーエコノミー」

ゲストプロフィール
株式会社三陽商会 事業本部 エコアルフビジネス部 企画課長 下川 雅敏 氏

株式会社三陽商会 事業本部 エコアルフビジネス部 企画課長。2006年に総合職として入社後、バーバリーブランドでのエリアマネージャー・トレーナー職を経て、ニューヨーク支社にて海外事業を経験。その後、セレクトショップ事業とマッキントッシュブランドの企画MDに携わり、昨年9月のエコアルフ・ジャパン設立からブランドローンチのため現職に就任。ブランド企画責任者として、日本におけるECOALFのブランディング・運営を担う。

第6回:11月10日(火)19:00-21:00 食の循環化と環境再生型農業

私たちはこれまで、食に1ドル支払うごとに2ドルの社会的・環境的コストを負担するリニア型モデルを成り立たせてきました。この課題に対して、エレン・マッカーサー財団は「自然の仕組みを再生する(Regenerate natural systems)」ことをサーキュラーエコノミーの3原則のうちの1つに挙げています。主に食や農業の文脈で語られることの多いこの原則は、日本で少しずつ紹介され始めた「リジェネラティブ」あるいは「環境再生型」として最重要視されています。とはいうものの、同財団自らも示唆するとおり、3原則のなかでも最も理解が難しい原則でもあります。「食の循環化・環境再生型農業」を具体的事例を紹介しながら、ダンボールコンポストを通じて、食の地域内循環を目指す循環生活研究所様とともに食の循環化について考えていきます。

*Ellen MacArthur Foundation “CITIES AND CIRCULAR ECONOMY FOR FOOD”

プログラムレポート:「食のサーキュラーエコノミー」
プログラムレポート:「再生する農業」

ゲストプロフィール
NPO法人循環生活研究所 理事長 永田 由利子 氏

平成12年、環境イベント「子どもくるくる村」立ち上げ
平成15年、「循環生活研究所」設立に携わる
現在は、環境教育に力を入れ、生ごみを家庭で堆肥化する資源循環の普及活動を行っている

 

第7回:11月24日(火)19:00-21:00 「建築・空間づくりとサーキュラーエコノミー/全7回のまとめ」

全産業の廃棄物に占める環境廃棄物の割合は高く、日本でもその割合は21.9%(2018*と再生資材の活用が急務となっています。しかも、建築は人々が過ごす空間を形作るため、幸福感が味わえる社会的側面を気にかける必要があります。そのようななか、国産材活用や廃材抑制、後利用を考えるサーキュラーデザイン、デジタルテクノロジーによる木質空間の拡張性への挑戦、歴史的建造物の利活用を通じた地域活性化など、建築や空間デザインでクリエイティビティとサステナビリティの両立に取り組む株式会社乃村工藝社様をゲストにお呼びし、この分野のサーキュラーエコノミーについて考えます。なお、この回ではこれまでの総括も行います。

*環境省 令和元年度事業 産業廃棄物排出・処理状況調査報告書 平成30年度速報値(概要版)

プログラムレポート:「サーキュラーエコノミーと都市 ー建築・交通・フードシステムを変えるー」

ゲストプロフィール
株式会社乃村工藝社 フェアウッド・プロジェクト プロジェクトリーダー、
JAPAN VALUE Project プロジェクトリーダー 加藤悟郎氏

東京工業大学大学院卒。乃村工藝社のCSV活動組織体にて事務局長を務める。空間での国産フェアウッド(合法性・持続可能性木材)の利活用により林産業の自律的な経済活動や日本の森の保護・成長に貢献する「フェアウッド・プロジェクト」、全国の伝統技術を空間に取り入れ高付加価値の空間提案をおこなう「JAPAN VALUE Project」のプロジェクトリーダーも兼任。一般社団法人木を活かす建築推進協議会委員(2018年)や産地見学会の主催、環境省主催セミナー登壇、寄稿などの活動もおこない、木のストーリーとクリエイティビティのある循環型の木質空間づくりを目指している。

株式会社乃村工藝社 NOMLAB デザインエンジニア 吉田 敬介 氏  

豊橋技術科学大学大学院修了。テクノロジー、プログラミングなどデジタル技術と空間を融合したデザインを得意とし、企業ミュージアム、展望施設、アートワークなど様々なスケールでプロジェクトを手掛ける。デジタルテクノロジー空間を得意とするデザイナーとして活躍するだけでなく、乃村工藝社グループのイノベーション・ラボラトリー「NOMLAB」では、社外のクリエイターとともにインタラクションや制御を用いた新しい表現装置などのプロトタイプ開発も行っている。2020年には、コンピュテーショナルデザイン×国産材による次世代の木質空間「Geometric Timber」のクリエイティブディレクション、空間デザインを担当。

株式会社乃村工藝社 クリエイティブ本部  N.A.U.1 小糸 紀夫 氏

明治大学建築学科卒。ゼネコン、設計事務所を経て乃村工藝社で内装から建築まで幅広いデザインを手掛ける。2020年には、乃村工藝社が包括的連携協定を締結しクリエイティブ・パートナーとして活動する宮崎県日南市の「Nazuna 飫肥 城下町温泉」、町家が立ち並ぶ路地を一つの宿に改修した「Nazuna 京都 椿通」をはじめ、江戸・明治期の古民家、建築基準法以前歴史的建築物などの利活用プロジェクトを担当。耐震改修を含む大掛かりな改修やリノベーションからコンバージョンと手掛ける手法は多岐にわたり、空間づくりを通した地域活性化に取り組んでいる。

申込URL

こちら(peatix申込画面)よりお申込ください。