Circular Economy Hubでは、サーキュラーエコノミーの実現を目指す国内外のさまざまな動きを発信している。そもそもサーキュラーエコノミーとはどのようなもので、実際の社会に適応されるとどのように機能するのかーー。サーキュラーエコノミーについて理解を深めるため、筆者はエレン・マッカーサー財団が10週間にわたって提供するオンライン学習プログラム「From Linear to Circular: Open to All」に参加している。そこで得た学びを、毎回レポートする。

※本レポートは、エレン・マッカーサー財団に許可を得たうえで、講義内容等を掲載したものです。

これまでの講義レポートはこちら

第1回「サーキュラーエコノミーとはそもそも何か?
第2回「サーキュラーエコノミーのためのデザイン
第3回「循環するビジネスモデル
第4回「次の段階のサーキュラーエコノミー
第5回「プラスチックのサーキュラーエコノミー
第6回「サーキュラーエコノミーと都市~建築、交通、食料システムを変える~」

ファッションの現在地からサーキュラーエコノミーを考える

講義の冒頭、参加者にクイズが出された。

クイズ:次の1〜3について、正しいでしょうか、誤りでしょうか。あなたの予想を答えて下さい。

  1. この15年で、洋服の生産量は2倍になった一方で、1着あたりの利用は40%に減った。
  2. 世界では、1分ごとにトラック1台分の服が埋め立て処分されている。
  3. 世界で生産される化学薬品の4分の1が、ファッション製品の生産に使われる。

あなたはどう思うだろうか。読み進める前に一度考えてほしい。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。