「ワームホテル」と聞くと、何を想像するだろうか。幼虫が旅の疲れを癒やしに来る場所だろうか。オランダ・アムステルダムの「ワームホテル」とは、幼虫たちが地元の生ごみ、つまり有機性資源を迎え入れる、有機性資源を循環させるためのコミュニティ・コンポストのことだ。アムステルダムでは、このコミュニティ・コンポスト「ワームホテル」を起点とした循環するまちづくりを進める。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。