Circular Economy Hubでは、サーキュラーエコノミーの実現を目指す国内外のさまざまな動きを発信している。そもそもサーキュラーエコノミーとはどのようなもので、実際の社会に適応されるとどのように機能するのかーー。サーキュラーエコノミーについて理解を深めるため、筆者はエレン・マッカーサー財団が10週間にわたって提供するオンライン学習プログラム「From Linear to Circular: Open to All」に参加している。そこで得た学びを、毎回レポートする。

※本レポートは、エレン・マッカーサー財団に許可を得たうえで、講義内容等を掲載したものです。

これまでの講義レポートはこちら

第1回「サーキュラーエコノミーとはそもそも何か?
第2回「サーキュラーエコノミーのためのデザイン
第3回「循環するビジネスモデル
第4回「次の段階のサーキュラーエコノミー
第5回「プラスチックのサーキュラーエコノミー
第6回「サーキュラーエコノミーと都市~建築、交通、食糧システムを変える~
第7回「ファッションのサーキュラーエコノミー
第8回「食のサーキュラーエコノミー

測定できなければ改善したかわからない

「What gets measured gets managed.(測定できるものは改善できる)」

これは、オーストリア人現代経営学者で「マネジメント」の発明者、ピーター・F・ドラッカーの言葉だ。本プログラムの司会進行役、エレン・マッカーサー財団のセブは、サーキュラーエコノミーへの移行を目指す企業の取り組みにおいて、測定することの重要性をドラッカーのこの言葉を引用して強調した。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。